羊の世界放浪譚

海外旅行にはまり、バックパッカーからスペインワーホリへ。女子一人旅から語学まで時々更新❤︎

チェコ*2018*プラハ〜寿司を語ろう!〜

羊は寿司大好き‼︎住んでた場所が日本有数の海産物が美味しく安く恵まれていたので、就職してからは結構な数を食べ歩いた。

 

海外に出てもうすぐ5カ月…生魚が食べたい。カルパッチョにすら巡り合ってない。日本のクオリティと価格を求めてはダメだと思いながらマドリッドの空港で食べた寿司は、ネタを酢飯の不味さが殺していた。最近イスタンブールで食べた寿司は、酢飯が悪くなく美味しかったが、今一つ物足りなかった。…トルコは色々保守的な土地で、食もトルコ料理がメイン。外国料理が都市の規模に比べて少ない。でも、トルコで食べたのが悪くなかったので、これから積極的に挑戦することに決めた。

 

 

 

それが…

プラハには何故か寿司屋が多い。タイ料理兼寿司、中華兼寿司が多く、本当の寿司屋、和食屋は少ない。

メニューも、握り寿司、巻き寿司のみでなく、西洋風寿司もたくさん。握りは一貫65〜85ckの店が多い。今のレートで400円前後…て事は一皿800円くらい。高っ!

私は西洋風は食べない、食べたくない。から、そっちは知らない。意外に美味しいのかもしれない。

全体的な味の感想は、ネタは悪くない。酢飯の味付けもきつくないが…若干握り方が硬めな傾向がある。

 

 

*Miyabi 

f:id:wanderingsheep:20180609011733j:image
f:id:wanderingsheep:20180609011712j:image
f:id:wanderingsheep:20180609011719j:image

日本人が求める形だと思う。創作寿司プラハも食べてみた(1枚目左上)が、普通の方が好き。欧米人は脂を好むのかな?バターフィッシュは美味しかった。日本の寿司屋では見たことのない脂ののり。ガリが美味しくて全て頂いた。

 

 

*Zebra Asian noodle bar
f:id:wanderingsheep:20180609011704j:image

f:id:wanderingsheep:20180610233730j:image

初来店時はパッタイを食べに来て、試しにサーモンを注文。2日目で偵察丸出しで注文。全体的に悪くないし、酢飯加減もネタも好き。マグロは微妙かな。ガリはミヤビが圧勝。値段はミヤビ・ハナビより高め。2枚目の寿司+ビールで574ck

火薬庫近くのzebra express は姉妹店だが、寿司を提供していない。

 

 

HANABI

f:id:wanderingsheep:20180611042346j:image

カウンターで頂きました。日本食メインで、寿司の種類は1番豊富。日本の寿司〜創作まで。値段もリーズナブル(65〜80ckくらい)。握りは職人さんによるけど、酢飯は基本小さめ。最初機械握りかと思った。羊的にはタイととろサーモンが美味しかった。ハマチ、ボタンエビも他では中々見ない(出来たら生で食べたかった)

 

 

バターフィッシュは日本でも店で出したらいいんじゃないか。昔ながらの酢締めのあっさり寿司もいいが、現代人は洋食慣れしているし。

 

随時更新予定🐏❤︎