羊の世界放浪譚

海外旅行にはまり、バックパッカーからスペインワーホリへ。女子一人旅から語学まで時々更新❤︎

トルコ→ギリシャ*イズミル→マルマリス→ロードス〜フェリーで国境越え〜

急に決めたギリシャ行き。初ギリシャ❤︎

トルコ西側中央のイズミルから、西側南端のマルマリスまで南下し、フェリーでギリシャロードス島まで渡る。一刻も早くトルコから出たかった。

 

 

早朝のマルマリス行きのバス。朝ごはんがまだだったので、菓子のサービスが嬉しい💦

f:id:wanderingsheep:20180608073933j:image

カーブが多いので、酔いやすい人は酔い止めを。kindleで漫画を読むのをやめて、寝る事にした。

 

 

↓↓

マルマリス着。オトガルから旧市街へ。セルヴィスを聞いたらバスを案内され、3TL払って市内へ。曇り空…
f:id:wanderingsheep:20180608073746j:image
f:id:wanderingsheep:20180608073843j:image
f:id:wanderingsheep:20180608074036j:image

 

フェリーの時間までに昼食を済ます。適当に入ったロカンタ。味は普通。
f:id:wanderingsheep:20180608074019j:image

 

 

 

↓↓

ロードス島行きのフェリー乗り場へ。
f:id:wanderingsheep:20180608073901j:image

街中から離れているが、歩ける程度。荷物が多ければタクシーが楽だと思う。うっかり小雨の中を歩いてしまった。

 

 

フェリーについて。

チケットの買い方は様々。日本の代理店でもいいし、トルコの旅行会社・代理店でも買える。

ネットでもいくつか総合サイトがあるので、自分で買う事も出来る。私は「ダイレクトフェリーズ」で購入。日本語でいいので楽だった。「aFerry 」のアプリでも見てみたが、「現在見れません」と出たから。手数料を比較して買えたら1番いい。

 

注意‼︎ネット購入者は、フェリー乗り場側の窓口でチケットに変える必要あり(予約画面を見せるだけじゃ駄目。代理店での購入者もコピー不可)。

知らなくて普通にゲートに並んだら、「チケットに変えてきて」と言われ、慌てて向かった。同じ様にゲートで注意を受けてる人が何人かいた。

 

↓フェリー乗り場入り口。
f:id:wanderingsheep:20180608074044j:image

セキュリティチェックが飛行機より楽なのは、海路のメリット。

入国管理所にはビザの料金表も掲示されていた。ビザが必要な国が多い中で、日本のパスポートのありがたみを再確認。パスポートランク2018年1位だから!!この栄光が末永く続く事を切実に祈ってる…


f:id:wanderingsheep:20180608073954j:image

大きなフェリーだが、多少揺れる。

 

 

 

 

↓↓↓

1時間以上揺られてギリシャに到着🐏
f:id:wanderingsheep:20180608074025j:image
f:id:wanderingsheep:20180608073916j:image

フェリー乗り場からパシャ。城壁の向こうは旧市内。

 

↓↓

*Church of Saint-Marie-du-Bourgf:id:wanderingsheep:20180608073928j:image
f:id:wanderingsheep:20180608074106j:image

この教会跡の近くにアパートメントを借りた。予約しておいたアパートメントでチェックインし、夕食に向かう。

 

↓↓
f:id:wanderingsheep:20180608073942j:image

サガナキという、チーズを焼いた?揚げた?前菜。


f:id:wanderingsheep:20180608073937j:image

煮込み料理。…あれ?お隣トルコと味付けが一気に変わり、スペインに近い(イタリアなどの地中海沿岸部はまだ行ってない)。トルコは「取り敢えずトマト🍅!」という感じだったので新鮮。

 

 

 

 

この日、ストレスと、移動疲れ(フェリーなど揺れる乗り物は余計疲れる)で、アパートメントに帰った瞬間泣いた。

ドミじゃなく1人部屋を取って良かった。泣けるなら泣いた方がいい。

ギリシャで心と身体を休めたい🐏☔️