羊の世界放浪譚

海外旅行にはまり、バックパッカーからスペインワーホリへ。女子一人旅から語学まで時々更新❤︎

ブルガリア*2018*ソフィア〜街歩き・聖ネデリャ教会〜

ソフィアでは別記事でまとめたように、トラブル続きでテンションだだ下がりだった。なのであまり観光には出かけていない。

 

唯一楽しみだったのは、ベオグラードのドミで出会った旅友と、ソフィアで合流する事。こういう事はたまにある。お互いそれぞれの予定で旅をしてるんだけど、たまたま目的地・日時が被って「じゃあ再会しよっか」と。

私はベオグラードからニシュを経由してソフィアへの。比較的のんびりした旅。彼の方はマケドニアを経由してソフィアの弾丸旅。

お互いの宿の中間を取って、聖ネデリャ教会で待ち合わせをした。

 

 

*聖ネデリャ教会

f:id:wanderingsheep:20180530044852j:image

f:id:wanderingsheep:20180530044658j:image

f:id:wanderingsheep:20180530044829j:image

f:id:wanderingsheep:20180530044715j:image

f:id:wanderingsheep:20180530044742j:image

f:id:wanderingsheep:20180530044840j:image

ブルガリア正教の教会で、こじんまりして中も素敵だった。結婚式が始まるようで、あまり長居はせずに外で友人を待った。

…来ない。事前にLINEで決めた時間に来ない。ドタキャンするような人に見えなかったし、嫌われる覚えもないし…はたと、時差に気づいた。マケドニアから来るなら、時差が1時間違う。時差に向こうが気づいてないんじゃないか…?と1時間だけ待つ事にした。

そして、無事合流。案の定時差で、夕飯はゴチになる事になった✨

 


f:id:wanderingsheep:20180530044821j:image

ヴィトシャ大通りは両脇にカフェやレストランがずらり。ただ…今一つ入りたい店が見つからず引き返す。

ブルガリアのローズコスメグッズもこの通りに何店かある🌹

 

*聖ペトカ地下教会
f:id:wanderingsheep:20180530044728j:image

オスマン帝国時代に建てられたからか、メインは地下にある教会。


f:id:wanderingsheep:20180530044814j:image

側にある遺跡の一部。

 

*バニャ・バシ・ジャーミィ
f:id:wanderingsheep:20180530044807j:image

1566年にオスマン帝国の建築家ミマール・スィナンによって建てられた。彼の建築で有名なのは現在のトルコ・エディルネにあるセミリエ・ジャーミィ(まだ行ってない💦)。

こじんまりして、地元の方が祈る用。モスクを見た事が無いなら一度見てみたらいい。肌は隠した服で、女性は髪を隠したら誰でも入れる。

 

 

 

↓↓

せっかくなのでブルガリア料理が食べたい。二人でGoogleマップで探すが…見当たらない。パスタやピザならいっぱいあるが…ようやく気になった所へ歩いて行った。
f:id:wanderingsheep:20180530044757j:image

このお店では生演奏を聴きながら食事ができる。各テーブルに回っているが…余程でない限り目を合わさない。…チップをせがまれるから笑。

料理は煮込みが多かった。普通…ご馳走になっているので、文句はない。海外の料理は慣れが大きい気がする。私が元々アジアの食事・米大好きだからだけど、最初は辛かった。今は大概何でも大丈夫。

3度目のトルコでようやく美味しいと思え、ハマったアイランを彼に進めて頼んだが…彼的には無理だった。

「え?甘く無いじゃん⁉︎」

「言ったじゃん、ブルガリアヨーグルトを水で薄めた感じって」

「無糖の方かよ!だって日本のは砂糖入ってるじゃん」

確かに。私の説明不足。私も最初は受けつけなかった。

 

 

 

別記事で書いたが、この友人は明日にはブルガリアを出てしまう…貴重な日本語を話せる時間を堪能し、また一人になった🐏