羊の世界放浪譚

海外旅行にはまり、バックパッカーからスペインワーホリへ。女子一人旅から語学まで時々更新❤︎

スペイン*2018*テルエル〜到着・町歩き〜

サラゴサからバスでテルエルへ。ネット予約したつもりが、私の手違いで取り直しになった…最悪。

バスターミナルの警備員の方が凄く親切で、「ここの窓口でテルエル行きを買うんだ。こっちの窓口で払い戻しを受けるんだ」と教えてくれた。当日のテルエル行きは買えたが2時間後、払い戻しはダメだった。理由も言われたが、スペイン語が理解出来なかった。

 

2時間ターミナルで時間を潰していたら、先程の警備員さんが「払い戻し出来たか?」と聞きに来てくれた。「ダメだったけど、大丈夫。ありがとう」と返した。嬉しかった。

 

 

 

↓↓↓

さて、テルエル着。旧市街に宿を取ってるので、チェックイン後観光へ。

この街、凄く素敵‼︎

こじんまりしていて、アラゴンの茶色の街並みが凄く可愛い。そこにムデハル様式の塔が覗く。街は高台にあるので、橋で街通しを繋ぐ。散歩するだけでも楽しい。

f:id:wanderingsheep:20180328041943j:image

↑街にいくつかある塔の一つ。

 

街から少し離れて、遠くから街並みを眺める事を進める。橋が綺麗。街も高台にあり、攻めにくそう。

f:id:wanderingsheep:20180328041952j:image

f:id:wanderingsheep:20180328041956j:image

f:id:wanderingsheep:20180328042008j:image

f:id:wanderingsheep:20180328042016j:image

f:id:wanderingsheep:20180328042022j:image

f:id:wanderingsheep:20180328042028j:image

f:id:wanderingsheep:20180328042035j:image

日本と城下町に関する造りが、諸外国は根本的に違う。キングダムやヒストリエを読むと即実感出来る。中国と西洋とは違っても、どちらも基本は街ごと囲む。昔は人口も少ないから出来たのだが、市街地ごと城壁、掘りで囲み、攻められた際は街ごと籠城戦に入る。

だから、旧市街は地理的に攻めにくい場所にあったり、昔の城壁の名残がある。マドリッドバルセロナみたいな大都会では見れない物が、小さな昔ながらの街には残ってる。

 

f:id:wanderingsheep:20180328042040j:image

f:id:wanderingsheep:20180328042046j:image

 

テルエル駅の前は素敵なムデハル様式の階段。

f:id:wanderingsheep:20180328042052j:image

f:id:wanderingsheep:20180328042059j:image

f:id:wanderingsheep:20180328042104j:image

この独特のタイル、煉瓦組みによる模様。全て素敵❤︎

 

 

 

ここもクエンカへの繋ぎで数泊予定だったが、もう少し長居しても良かったかもしれない🐏🌈