羊の世界放浪譚

海外旅行にはまり、バックパッカーからスペインワーホリへ。女子一人旅から語学まで時々更新❤︎

スペイン*2018*治安について

スペインの治安について随時更新。

 

ガイドブックに色々乗っていて不安になる治安状況…中には、疑いすぎでは?気のせいでは?と言いたくなるものも…

なので、基本自分が体験、あるいは友人など出所確かな経験談しか書かないが。

 

超安全‼︎

 

以上。

気をつける事は日本と同じ。人気が無いところは避ける。君子危うきに近寄らず。

マドリッドからアンダルシアまで周遊したが、テロ対策→ザル。警察→ローカルから騎馬警察からうろうろいるが、マシンガン持ちはほぼ見てない。日本と同じ、何かあったらピストルで頑張る。

つまり、それだけ凶悪犯罪は少ない。

 

 

一度、薬の売人?に声をかけられたが、絶対に手を出さない事。無視あるいは、はっきりと拒否。国によって合法薬物は違うけど、私はわざわざ体験する意味は無いと思ってる。

 

酒は飲むが、非喫煙者の立場から言うとタバコもギャンブルも酒も依存したら人生狂う。少なくとも日々寿命はすり減っている。「やめられないんだよね〜」ってよく聞くものは「初めから手を出さない」。自分は人より自制心がある、なんて過信せず、手を出したら自分も依存になると思った方がいい。

 

 

マドリッドは夜が長い。夕飯が遅い国なので、そのまま都市部は夜中までうるさい。都市部で、周りにも人がいて店も開いてるなら、深夜1時くらいまで飲み歩いても大丈夫。

ナイトクラブも充実してるらしい、ドミで出会ったフランス人から「ナイトクラブ行かないの?いいとこあるよ」と言われたが、私は興味ないので行ってない。日本でも行かなかったのに。

 

 

ただ、やはり危ない通り(失礼だけど、現地の人以外が住んでる地区とか)はあるので、周囲をよく見る事。トルコやインドほど単純な性格の国民性ではないが、酒が入るとなのか深夜よく若者が大声出してるのが聞こえる(都市部の繁華街)。たまに喧嘩にもなってるので、関わらない方がいいかも。

 

 

デモは基本警察の監視のもとでやっているので、あまり害はない。バルセロナみたいに独立運動を大規模にやれば話は別だろうが、近寄らなければ大丈夫。

 

 

スリ、置き引きはどこの国でもいる。まず、身体から貴重品は絶対に話さない。クレカなどは分けて持ち、リスクは分散させる。バルなどで荷物を席に置きっぱにしてトイレにいかない(貴重品が入ってないなら、私は置いていく)。リュック、尻ポケに財布を入れない(入れるなら、はみ出ないように)。

某友人は日本のゲーセンで、尻ポケから財布をすられた。日本でもしない方がいいのだろうね。

 

男性の間で流行ってるボディバッグ?はファスナーが背中に来るので、リュックと同じですりやすい。

メトロやバスが危ないと聞いたが、人が密着するほど混んでるのに出くわしていないのでなんとも。。

昔、初スペインで、メトロの駅でガイドブックを読んでたら背後に人の気配を感じた。振り返ったら黒人が逃げて行った。リュックには汚れ物しか入ってなく、貴重品は全てコートの下に身につけてる。。なんか哀れに思えた。。(以前書いたかも)

 

 

荷物の置きっぱは防犯上やめた方が良いのかも。バスターミナルでお手洗いに行きたくなり、バックパックをベンチに置いて公衆トイレに行った。戻ってきたら警備員とベンチでさっきまで私と話してた方が話してて「ほら、あの子のだよ。ダメだよ置きっぱは」と(多分)言われた。不審物だよね、申し訳ない💦

 

 

 

治安とは関係ないが、ゲイシーンもあるそうで。たまに凄く親密そうなカップルを見かける。スペインのメンズが好みなら、新たな幸せが見つかるかもしれない。