羊の世界放浪譚

海外旅行にはまり、バックパッカーからスペインワーホリへ。女子一人旅から語学まで時々更新❤︎

トルコ*2018*バスで長距離移動〜イスタンブールからサフランボルへ〜

日本は鉄道が世界でも群を抜いて発展した国。他の国では、鉄道よりバスで陸路を移動する方が多い。色々乗ってみたが、トルコの長距離バスが1番好きだ。

 

 

サフランボルへはイスタンブールからバスで7hr。休憩があるので、実質8hr。60TL=1800円程度だったと思う。深夜の移動を避けたいので、朝9:30発のバスにした。予約はホテルで頼んだら電話してくれる。昔はそれを知らなくて、オトガルまで出向いて買っていた。それはそれで値段を見て選びやすい。

 

 

 イスタンブールのオトガルへ向かい、予約してある切符を支払う。

f:id:wanderingsheep:20180131071818j:image

f:id:wanderingsheep:20180131071850j:image

各バス会社がバスを出しているので、予約しているならその会社のオフィスへ向かう。予約していないなら、行き先を告げてどこが安いか見て回る。

 

 

バスの車種はベンツが多い。前の座席には飛行機と同じでモニターつき。1番助かるのは、車掌さんがいる事。お水やクッキーなどの軽食も出る。

f:id:wanderingsheep:20180131074400j:image

 

↓サービスエリア。

長距離だとトイレ休憩の他に、一度30分くらいの長い休憩が入る。いつまでにバスに戻ればいいかは、聞いたら誰か教えてくれる。たまたま聞いた人がトルコ語しかはなせず、数人集まって時計を指したりスマホを開いたりと、凄く温かかった。

f:id:wanderingsheep:20180131073401j:image

f:id:wanderingsheep:20180131074709j:image

食堂の食事。普通に美味しい。

f:id:wanderingsheep:20180131072005j:image

 

 

移動中はほぼ寝てた。サフランボルに着いて、セルヴィスに乗ろうとしたら、ホテル名を聞かれた。バス会社がホテルに電話してくれ、ピックアップになった。セルヴィスが旧市街へ行かないという事だろうか??

 

移動で疲れたので、宿で1hrほどチャイをもらってだらだらする。ホテル内からでも綺麗な景色がおがめる。

f:id:wanderingsheep:20180131080530j:image

 

夕飯を食べにようやく動く。pm7:00、すでに真っ暗。宿の近くが数匹の猫の溜まり場になっており、超人懐っこい。足にすり寄ってきた。可愛い💕連れて帰りたい!

f:id:wanderingsheep:20180131080834j:image

 

猫と別れて宿でおすすめされたレストランに行ってみた。ウェイターさんが英語が通じず(あるいは私の発音のせい)、soupを翻訳サイトで調べてたら、隣のテーブルの男性がわざわざ来て訳してくれた。親切!

f:id:wanderingsheep:20180128015712j:image

羊のスープと、マントゥと、アイラン。23TL=700円くらい。安っ!味も美味しい、マントゥは初めて食べたけど、もちもちしてお腹いっぱいになる。初トルコの時は不味いと思ったヨーグルトがけも、今は慣れて美味しい。

 

途中から近くのテーブルにお店のおばあちゃんが座って、一緒にTVを見てた。このおばあちゃんが凄く可愛い。トルコのおばあちゃん達は、マトリョーシカのようで、長いコートに頭にスカーフを被っている。素敵!

 

 

サフランボルの旧市街は観光地なのに田舎だからかのどかだ。明日からのんびり観光しよう🐏