スペイン*ワーホリ申請*書類の書き方まとめ🐑

2017.10現在の書類の書き方についてです。参考にどうぞ🐑

もし用紙などルール変更あれば、役に立たないかも知れないので各自確認をお願いします。

 

まずスペイン大使館のワーホリのページから、用紙をサクッと印刷します。

ワーキング・ホリデービザ

あとは「必要な書類」の注意書きを読みながら用意するだけ。簡単です。

 

もし東京に行くなら、大使館で書類一式もらうこともできます。大使館の混み具合によっては面倒ですが、日本語で一部訳したものをくれるので助かりました。無くても、コピペして翻訳かけていけば難なく訳せるとは思います。

  1. まず渡航日程・行先を決める。
  2. 書類の準備。
  3. 東京のスペイン大使館に出向いて申請。

 

注意点★

  1. 申請から発給まで約8週間必要(実際はもう少し早い)。
  2. 入国希望日より90日以上前の申請・提出不可。(早めに申請したとして、渡航を遅らせたらその分ワーホリの期間が減る。意味ない・・)
  3. 申請時・受け取り時の2回は本人が東京のスペイン大使館まで出頭。郵送不可。
  4. 書類は基本英語もしくはスペイン語で記入。

 

「書き方」にそって、個人的にわかりにくかったところを捕捉します。

1.査証申請書

 11.身分証明番号:記入不要

 20.目的:現在の書式では該当がないので、大使館で手書きで「ワーホリ」と書いてくれます。今後ワーホリ欄が作られる予定。

 23.申請者のスペインでの住所:決まってなければ不要

 24.25.26:不要。

 27.雇用先の情報:就労ビザではないので、不要。

 28.学校の情報:決まってなければ不要。

 

3.カラー写真・背景白(4.5×3.5):査証申請書に貼る。窓口で貼ってもよいが、間違える人が多いのか、入口でまず警備員さんに確認されます。

 

5.住民票:90日以内のもの。自分個人が載っていたらOK.

 

6.航空券の予約:eチケットのコピーでOK.入国希望日と、航空券の入国日があっているかチェックされます。

 

7.経済能力の証明:残高証明書は1カ月以内のもの。銀行でもらえます。書き方の紙を持って行って見せたら早いです。

 

8.健康診断書:指定病院なし、発行から1カ月のもの。私は渡航外来で書いてもらいました。書類がゆるいので、私のところは問診のみでもらえました(病院によって発行費は異なります。自費。)

 

9.NIE申請書

ブロック体大文字で記入(日本語案内に手書きで指示があった)

2).3)記入不要。

4).1:NIEに✔

 2:Por intereses profesionalesに✔ SOLICITUD DE VISADO WORKING HOLIDAYと記入

 3:Oficina Consularに✔

→以上、大使館からの案内に書いてありました。不明なら白紙で窓口で聞いたらよいと思います。

 

11.宣誓書:これだけスペイン語と日本語の2枚出しました。両面印刷でよいかと。

 

12.旅行日程表:ざっとでOK.ちらみでした。

 

14.宿泊証明書:あればでOK.面倒なので私は出してません。

 

以上で書類は終了です。

不明点あれば、大使館にメールすればよいかと思います。超短文で用件のみでしたが、次の日には帰ってきました。大使館の窓口で聞くのもありかと思いますが、混むときは1hr待ち、空いてるとすぐなので運です。窓口では男性・女性と二人当たりましたが、質問したらちゃんと教えてくれます。窓口が二つしかない(日によっては一つしか開かない)為、混雑時に窓口でまごまごすると迷惑になるので要注意。

 

ハッピー・ワーキング・ホリデー!🌈