鹿児島4“知覧特攻平和会館”

今日は知覧経由で指宿まで行く予定。が、指宿のコインランドリーが不安なので鹿児島市で洗濯してたら出発が遅くなった(ーー;)

 

鹿児島中央駅から知覧行きのバスに乗る。次第に茶畑が広がり綺麗だったが、途中で寝てしまった。バスは夏休みのせいかほぼ満席。知覧特攻観音前で降りる。武家屋敷も考えていたが、行かなくて良かった。予定を大幅に超えて特攻平和会館にいたから。

 

知覧特攻平和会館

第二次大戦末期に沖縄上陸を阻む為に特攻(飛行機に通常以上の爆弾を装着し、敵艦体に体当たりをする)した、陸軍特別隊員の遺書、遺影などの展示館。

 

私は戦争遺跡を巡るのが好きで、特に第二次大戦以降が好きだ。ドキュメンタリーは好きだが、戦争映画は好きではない。戦車や飛行機も見るが、武器に興味が無いので詳しくならない。勿論、人が人を殺さなくて済む事が1番尊い。では、何故その流れになったか、勝つ為にどう動いて行くか、それぞれの利権がどう絡んでいたか‥‥その勉強は面白い。

話が逸れたが、どう書いたらいいのか‥沖縄戦大東亜戦争末期?太平洋戦争末期?第二次大戦末期?陸軍?海軍?知覧はあくまで一部で他にも‥‥困ったので、知覧特攻平和会館の説明をまとめさせてもらった。

 

館内は遺影と遺書が並び、戦闘機の展示、語り部さんの説明など。音声説明を借りたら良かったのに、借りなかったのが悔やまれる。夏休みという事で人が多い。涙がぼろぼろ出たが、近くのおじさんは鼻をすすってもっと泣いてた。10代半ば〜30代前半の若い男性がずらっと並び、笑顔の写真を見ると胸にくる。当時は結婚が早いので、婚約者にあてた遺書から、妻、子供にあてたものまで。自分も結婚したので、どうしても父母にあてたものより、そっちを熱心に読んでしまう。

語り部さんの話も30分があっという間、ハンカチを持ってきて良かった。ずっと立って話をしてくれてありがたいです。一人一人の遺書をじっくり読んでたら4〜5hrいれるんじゃないか。昔の人は達筆が多い、汚い字も青年らしくて素敵だ。

 

見つけられなかったのか、特攻自体に対しての歴史的な流れや戦略の展示があまり詳しく感じなかった。飛行機乗りの育成や空中戦になった時に帰って来れる率が低いから、より確実に当てようと特攻になったって事??当時の映像もあり、実際に命がかかっている。命をかけて突っ込むのだから、不謹慎かも知れないが、せめて当たって欲しいと願ってしまう。

 

涙無しには見れなかった。ここは命の大切さを学ぶ場所。国を守る事について考えさせられる場所。ぜひ大勢の人が来て欲しいし、また来てしっかり見たい。次は事前に勉強してから来よう。

 

時間を忘れてじっくりいたので、バスがなくなって大回りして指宿まで行った。武家屋敷も何も見れなかったが、来て良かった。

鹿児島3“いおワールド〜おごじょ屋総本店”

暑い。適当に昼を済ませ、城山展望台に行っても時間が余った。普段なら行かない所に行く事にした。

 

鹿児島市は小さい町なので移動も早い。この日はナイトをやっていたので、遅くからでも行けた。

いおワールドかごしま水族館

f:id:wanderingsheep:20170814124928j:imagef:id:wanderingsheep:20170814124852j:image

 水族館としては小規模だが、ジンベイザメがいたりイルカを水路から見れたり地元色が強くて面白い。普段見れないバックヤードの開放を見に行く。一番メインの水槽を真上から。泳いでいるジンベイザメは、もうすぐ海に返されるそうだ。

 

水族館とは違うけど、感動したことがある。そろそろ現金がなくなるので、ATMを探していた。観光で忘れていたので、19時頃からコンビニをまわる。?ゆうちょが無い‥ファミマもローソンも地元の銀行のみ取り扱い。甘かった〜悪いのは調べなかった私。地元の人なら知ってるかな?と気軽にチケット売り場の方に聞いたら、アイパッドで調べてくれた。私がスマホで調べたらよい話で、申し訳ないと断っても、「大丈夫です、無いと困りますもんね」と親身。お姉さんの優しさで鹿児島人の印象が急上昇⤴︎。お礼を言った際も「無事見つかる事を祈ってます。」なんて優しい(//∇//)

 

駅前でギリギリATMに間に合った後、居酒屋へ。

“おごじょ屋総本店”

色々迷ったが食べログ評価に、「地元民に連れてって〜」とあったので決めた。焼酎の数が数百種類と半端なく多い。メニューも豊富で、鹿児島の郷土料理も大抵食べれる。

 

焼酎を一度は飲んでみようと、癖なく飲みやすいものを選んでもらった。“黄色い椿”確かにすっきりしていて美味しい。日頃日本酒が多い私でも飲める‥が、お酒弱いので2cmくらい飲んで諦めた。生肉好きなので地鶏のタタキと手羽刺、鰹のタタキと釜飯のハーフでお腹いっぱい。一人旅はシェア出来ないので、あまり頼めないのが悲しい。どれも臭みがなく、皮付きの鳥刺しは歯ごたえがあって美味しい。今回鳥刺しばかり食べている、魚も好きだが日頃食べれない生肉は貴重。ごちそうさまでした。

 

鹿児島2“仙巌園〜維新ふるさと館”

指宿の予約が取れたので、前日予定した通り今日は市内を回る事にした。

10時には出るので、強制的に観光する事になって良かったかもしれない。

 

鹿児島シティビュー(観光周遊バス)の1日券を買う、4回乗るのは厳しいかも知れないが。。

仙巌園は暑かった。御殿共通券を買う。途中の売店で、名物と言われるお団子を食べた。味噌と醤油で味噌の方が好き。

f:id:wanderingsheep:20170814111201j:image

メインは御殿で、ガイド案内とお抹茶が付く。様々な釘隠しが可愛い。八卦を考えて、これは凹の池。凸もある。私の運勢も上がって欲しい。

f:id:wanderingsheep:20170814101334j:image

f:id:wanderingsheep:20170814111904j:image

隣の集成館も見て、2時間くらいかかった。食事スペースもあるし、お洒落なスタバもある(行かなかったけど)。

 

またシティビューに乗り、維新ふるさと館を目指す。海ぎわを通る時に桜島が綺麗に見えた。維新ふるさと館も賑わっていた。西郷隆盛大久保利通をメインに展示し、篤姫や薩摩の教育などかなり盛りだくさん。ゲームで学ぶコーナーや映像展示も多いので、子供も楽しめる。ドラマ観覧もしたが、中々面白かった。

 

私はみなもと太郎の“風雲児たち”のファンで、ずっと影響を受けているので、「島津久光が斉彬の意志を継いで〜」に、そ、そうかなぁ〜?となってしまう。もっと色んな本を読んだらいいのかも。

鹿児島で西郷さんが愛されまくってるのを改めて実感した。人徳のなせる技か。個人的には大久保ファン。

 

鹿児島“イルカゲストハウス”

博多から鹿児島へ。夏休みのせいか、ネットで空室検索出来るゲストハウスは全滅。鹿児島についてから電話することにして、博多駅に向かう地下鉄で一番早い高速バスを予約して1時間後には出発。

九州の深い山を見ながらのんびり過ごした。計画性は何もない、知覧に行こうかな?くらい。

 

 鹿児島について、そのままバス停に立って電話したら空室あった!助かった。

“イルカゲストハウス”

ドミトリー格安。一階は居酒屋(日曜休み)で、二階から上がゲストハウス。お母さんが猫好きで、黒猫が3匹?いる。掃除の為、連泊でも10時〜16時は館内使用禁止。シャワーもあるが、隣に0時迄営業の温泉あり(かなりローカル)。シーツは自分で引こうね、カーテンも一応あり。貴重品の管理も自分で。キッキンもあるので炊事OK。

 

アットホームで気軽な雰囲気で、ホテルとかとは違うおもてなし。二泊したけど、居心地は凄く良かった。

スタッフさんの他に、ヘルパーさん(お手伝いの代わりに宿泊費無し)、ゲストハウス塾生さんといた。談話室で話し、誘われて一階の居酒屋で飲む事に。

名物の生親子丼❤️

f:id:wanderingsheep:20170813122943j:image

f:id:wanderingsheep:20170813123122j:image

生肉大好きなので、鹿児島の鳥刺しは楽しみ。他と比べられないけど、何食べても美味しく、焼酎も種類は豊富。カウンター合わせて10席くらいなので、相席で初対面でも盛り上がる^ ^

宿泊客が皆んなで宴会する事もあるそう。常連さんもいて、旅行の情報収集をする。知覧〜は行くが、明日はおすすめを回る事にした。

博多2“長浜ラーメン一龍亭”

観光とかやる気ないから、だらだら1時間くらい過ごして夕食へ。
長浜ラーメン一龍亭”
f:id:wanderingsheep:20170813003922j:plain

もやしラーメン+卵。旨っ!客は私とおじさん一人。TVのバラエティを見ながら話してるから「出るんですか?」と聞いたら、TVには映らないけどロケ班が食事として来てくれたそう。お店の壁に写真が飾ってある。

「数年前に来てくれて、また食事しにわざわざ来てくれた。TVに映るより思い出して食べに来てくれる方が嬉しい」と親父さん。
その通り!凄く嬉しそうな親父さん、私もご馳走様!

 

ねこ蔵に帰り、シャワーを浴びて洗濯機を回す。洗濯乾燥機は一台しかないし、乾燥まですると2時間くらいかかるけど、一泊なので生乾きの物を持ち歩かないで済むので凄くありがたい。

 

待ちながら、フリースペースで獲物を待つ。まだかな、まだかな。誰か来ないかな。傍目はケータイ触るだけだが、めっちゃ待ってた。

 

出会いは一期一会。ゲストハウスとはいえ、当然会話を求めてない人もいる。友達通し盛り上がってたら、話しかけづらい。挨拶から会話が派生しなかったら諦める。挨拶はマナーとしてした方がいいよ!逆に、話しかけられて苦手だったら、タイミングを見て部屋に戻る時もある。部屋は寝たい人もいるので、夜は部屋で話す人は少ない。暗黙的に、ルールのないゲストハウスでも大概0時に部屋は消灯される。

 

Wi-Fiを繋ぎに来た中国人の女の子と仲良くなった。日本に交換留学で来てて、日常会話は日本語OK。岡山の大学にいて、留学期間が終わり明日帰国だそう。最初は日本や中国の観光の話しだったが、盛り上がり途中から中国のネット環境の話になった。

“漫画で読む嘘つき中国共産党”を本屋で立ち読みし、そこにも情報操作は書いてあったので話した。私は中国はトランジットで数時間上海を観光しただけなので、何も知らないに等しい。本やネットもどこまで本当か判断はつかない。

「最近どんどん厳しくなってきてる。アニメも中々見れないし、中国に帰るとfacebookは使えない。外国人でも中国に入るとダメ」彼女は普段はメールでやり取りしてるそう。政治体系を図解しながら教えてくれた。

 

元々中国に興味はあったし、“キングダム”にはまってからより行きたくなった。歴史も文化も複雑な大陸。「買って読みたい」と言われ、キングダムを含めて上記2冊のデータを送った。

楽しく話せて仲良くなって、この日は泣く事なく眠れた。ありがとう。

また日本に来る時は連絡下さい🍀

博多“ねこ蔵ホステル”

ゲストハウスってご存知ですか?

 

相部屋で格安。二段ベットのとこが多い。風呂シャワー共同で、大抵談話室有り。

世界中にあり、雰囲気はオーナーさんが反映される事多し。

客層は様々で、バックパッカー、バイカーが多いけど、実際安さを求める人だけでなく、一期一会の交流を楽しみに来る人も。

 

普段は完全インドア派なので家にいるのだが、孤独に沈んで病みが悪化したので旅に出た。取り敢えず博多、理由は数年行ってないから。夕方に決めて出発したので、着いたのは深夜。駅前のビジネスホテルに泊まった。

 

普段は眠剤で眠れるのに、色々考えて涙が止まらず眠れない。朝5時頃まで眠れず、明日はゲストハウスに変える事にした。誰かと話したかった。

 

博多で地元で出来ない用だけ済ませて、ベンチに座ってひたすら検索。夏休みなのでどこも空いてない。。値段も手頃な“ねこ蔵ホステル”が空いていたので一泊予約。暇なので夕方5時にはチェックイン。

 

“ねこ蔵ホステル”

博多から地下鉄で移動、九大病院の側。一階は居酒屋さん。オーナーさんが猫好きで、保護猫が何匹も。売り上げは保護猫に貢献されるそう。私は知らなかったから触れなかったが、予約制で猫ちゃんと触れ合える。猫カフェで無いので、あくまで猫優先!人数制限や時間制限あり。猫ちゃんが疲れないように。宿泊客はガラス越しに猫ちゃん見ながら上の階へあがる。

 

新しく、泊り歩いた中でも綺麗なゲストハウス。難はフリースペースが小さい。ベットにカーテンあり、金庫あり、シャワーは鍵付き、シャンプー等あり。最高なのが洗濯機無料で乾燥機能付き‼︎

自炊したい長期旅行者は物足りないかもだけど(自炊設備なし)、これだけ配慮されたとこ無理なら他のとこ無理かも?

 

同室の方はフランスから。国際空港が近いだけあって、国籍は様々。ちらっと見えた彼女の私物が少女漫画。漫画が好きではるばる来てくれたのかと想いを馳せた。

羊の長い旅

旅行が好きだった。

今は別に旅行が好きな訳ではないと思う。ただ、居場所がない。

 

元々、国内外あちこち出かけたが、途中から“行きたい!”より“行かなきゃ”になってた気がする。“今しかないから“、”若い内しかないから”、“色々見て経験を積まなきゃ”。

 

最初は友達と。一人旅をしだすと、一人でしか行かなくなった。

遺跡を見て、スケッチブックに絵を描いて、その時々の自分の葛藤をつらつら書いて。

結婚した時に“潮時だな”と思った。久しぶりに誰かと行く旅行は想像に反して楽しかった。

 

でも夫は亡くなって、また一人になった。自分はずっと夫と一緒に旅行に行くんだと思ってた。

 

悲しいから一緒にいた場所は嫌、一緒に旅行した場所も嫌、極論日本が嫌。

昔は一人が平気だったのに、今は一人が駄目になった。

 

私、どこに行けばいいんだろう。居場所を探してふらふら、ふらふら。

いつか、安心して暮らせたらいいな。

誰にも導かれてないけど、誰かが導いてくれるかも知れない。

彷徨う姿、今迄の記録、羊の旅🐑